ニキビと言っても、大人ニキビと呼ばれるものと思春期ニキビと呼ばれるものがあります。でも正直、なんで呼び方が違うのかよくわからないですよね。

そこで大人ニキビとは何なのか?思春期ニキビとは何なのか?わからないので色々と調べました。

同じく違いがわからない!と疑問を感じている方は、ぜひ見てみてくださいね。

大人ニキビと思春期ニキビの違いは?

まず二つの違いとしては、出来る場所と原因が挙げられます。

また、改善方法も違ってくるのですが、これだけの説明ではわからないので、もっと詳しく紹介していきますね。

大人ニキビ

普段の生活や習慣・ストレス過多が原因と言われています。出来る場所は、頬から顎にかけてのUゾーンが多く首に出来ることもあります。

改善方法は、ストレス解消・食生活や睡眠不足などの習慣を意識していくことが必要です。

思春期ニキビ

成長ホルモンによる刺激でおこる、皮脂分泌の過多が原因と言われています。出来る場所は、おでこや鼻が多いです。
人によっては頬や顎に出来ることもあります。

改善方法は、なるべく肌をキレイに保つことと髪の毛などが触れないようにすること。二十歳になる前には、ホルモンバランスが整い始めニキビが治ってくることもあります。

大人ニキビの具体的な改善方法とは?

大人ニキビのポイントは、肌のターンオーバーです。簡単に言うと、肌の細胞サイクルのことですね。

一般的には、だいたい28日間の周期とされていて、肌の細胞が古い細胞から新しい細胞へと生まれ変わります。肌にとってターンオーバーはとても重要なもので、サイクルが乱れることで、新しい細胞への生まれ変わりが上手くいかずに毛穴に古い細胞や角質が残ってしまい肌の調子が悪くなることもあります。

ターンオーバーが乱れる原因は、肌の乾燥です。笑った時に肌が突っ張る感覚があれば、それは肌が乾燥しているということ。

年齢を重ねるごとに潤いは減少していきますが、それは水分量が減少しているのです。肌の乾燥を実感し始めたら、保湿中心のスキンケアをすることが必要となってきます。

生活環境の乱れも大人ニキビの原因となりますので、不規則な生活にならないように気をつけましょう。

思春期ニキビの具体的な改善方法は?

思春期ニキビのポイントは男性ホルモンです。特に男の子の場合は、中学生頃になると男性ホルモンの分泌が活発になり始めます。

男性ホルモンが増えることで、皮脂分泌も活発になり毛穴も広がるなど小学生の頃とは違う身体の変化が始まってきます。男性ホルモンは女の子でも分泌されるホルモンですが、分泌される量は、男の子と比較すると少量になります。

ホルモンの分泌は自然なものなので、自分でコントロールすることは出来ません。ただ、男性ホルモンの分泌が収まっていくにつれ、ニキビも落ち着いてきます。

そして、思春期のニキビでもスキンケアなどにより緩和出来る可能性もありますが、炎症が酷いようであれば皮膚科など専門医に診てもらうことをお勧めします。

大人ニキビと思春期ニキビの違いがわからない!まとめ

二つのニキビは、出来る場所と原因・改善方法が違うことが分かりました。違いがわからないと思っていた方も、お分かりいただけたでしょうか?

どちらにしてもニキビが出来てしまうと、早く治したいと思ってしまいますよね。

「薬用デニーロ」というニキビケア用品があり、人気があるようなので興味がある方は、調べてみてくださいね。


>>薬用デニーロについて詳しくチェック